コンテンツへスキップ

住宅の建設段階を写真に撮っておく重要性

一戸建て住宅を建てる場合は、建設段階を写真に撮っておくといいでしょう。建売り住宅では不可能だとしても、とくに注文住宅は建設段階を写真に収めておくことが可能です。また、ハウスメーカーで建てる一戸建て住宅にしましても、建設段階を写真に収めておくことは可能でしょう。

ですからぜひとも、建設段階を写真に収めておくのがいいのです。なぜなら、ざっくりと言えば大工さんたちにプレッシャーを与えることができますから。いや、悪い意味にて言っているわけではありません。もちろん良い意味でプレッシャーを与えることができるというわけです。写真を撮っておくことで、手抜き工事を防止する意味合いもありますからね。

やはり「見られていない」状態ですと、人は手を抜いてしまうこともあるでしょう。けれど、「いつ施主が来るかわからない」状況にて、さらには「写真で記録もされている」ということでしたら、自然と気持ちが引き締まるものです。ですから手抜き工事を防止する効果があると言えるでしょう。

「お茶だし」にて監視することは、現代においてはなかなか難しいことですから、定期定期に建設現場を訪れて写真を残しておきましょう。

PR|お小遣いNET|家計見直しクラブ|JALカード|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|童話|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|ショッピングカート|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|女性の人生|健康マニアによる無病ライフ|