コンテンツへスキップ

赤ちゃんから子供になってきたなぁと私が思ってきたのは娘が2歳になったころからです。今までは「ほらいただきますして!」「さようならって挨拶するのよ」とこちらが指示したことをやっている感じがあったのですが、このころから自分で考えて行動するようになったからです。

 

こんにちはと言われたら私が何もいわなくてもお辞儀をしてこんにちはと行ったり、転んだお友達を見たら大丈夫?と言いに行ったり。成長を感じて嬉しく思います。

 
特に教えていないことをやっているときはさらに成長を感じます。食べ終わったお皿をキッチンに運んだり、洗濯物を見様見真似でたたんでいたり。そんな時に自分の行動を子供はしっかりみているんだなぁと感じます。よく子供は親の鏡だといいますが、本当だなと思います。

 
あるときお風呂で娘が浴槽で遊んでいて私は体を洗っていた時、娘がおもちゃのバケツに水を入れてと言いました。お水冷たいけどいいの?と聞くといいから少し欲しいと。

 

なにに使うのかなと見ていると、手にとってまるで化粧水を付けるかのように顔にパシャパシャ「あ~今日もつかれた」と言っていました。もう笑っちゃいますよね。

 

私の真似でしょう。意識したことはなかったですが、きっといつも言っているのでしょう。恥ずかしくなりました。