コンテンツへスキップ

我が家は注文住宅です。
注文してみて初めてこんなに大変だったとわかりました。
それは何でも自分達で決めないといけないということでした。
「注文」なので当たり前、と思う方もいらっしゃると思います。
ただ、あくまで個人の感想ですが、まさかここまで自分達で考えて決めないといけなのかと思ったことも事実です。
たとえば窓一つとっても「針金入りにするのか、さらに曇りガラスにするのか。するならどの場所の窓にするのか。」と家中の窓の数だけ決めていかないといけませんでした。
正直、あまりこだわりがない私は「この場所はこのタイプの窓ガラスがおすすめですよ。」という提案型の設計士さんのほうがよかったな~と思いました。
打ち合わせも「今日は電球のタイプを選びます」「今回は床材についての説明を」と細かく何回も行いました。
当時3歳の子供連れでの打ち合わせだったので、子供の相手をしつつ話を聞くとばたばたしていた思い出があります。
それでも、逆に言えば丁寧で決して勝手に決めないでいてくれる設計士さんだったので信頼感はありました。
また数多くの打ち合わせを通して、自分達は本当はどう暮らしていきたいのかを向き合ういい機会になったと思います。
もし注文住宅を検討しているようであれば、なんとなくでも「自分達はこの家でどう暮らしたいか」というのを思い描いておくといいと思います。