コンテンツへスキップ

子供は褒めて伸ばしたいです

子供が正しい事をした時、良い事をした時には私はとても褒めています。ちょっとではありません。大袈裟に褒めているのです。そして褒めて伸ばしてあげたいのです。

そこまではやり過ぎじゃないの?と言われる時もあるのです。でも私はこれでいと思います。悪い事をしたら叱ります。ぐちぐちとは言いません。その時にしっかりと叱ります。短く叱るだけなのです。

でも逆に良い事をした時には多く褒めるようにしているのです。これは子どもの心にいつまでも残るものなのです。嬉しいからまたしようという気になるのです。その思いを伸ばしたいと思っています。

もちろん褒めてばかりでもいけないでしょう。調子に乗ってしまいそうです。それでも本当に褒めないといけない時もあるのです。そんな時にはかなり大袈裟に褒めているのです。

私が思うところは、子供は褒めたほうがよく伸びるという事です。何に対しても怒ってばかりだったら、子供は委縮してしまうのです。だから褒められる事を良い印象として残したほうが、子供はどんどん伸びていくと思います。