コンテンツへスキップ

子供のできないことを指摘するより、できたことを認める声掛けを

子育てをしていると、親の立場では今までの経験からどうしても子供のできない部分や未熟な部分に視点がいきがちです。今のうちに直しておかないと、と焦るばかりに子供にきつく言ってしまう経験も、多くの親がしているのではないでしょうか。
我が子は、字を丁寧に書くのが苦手です。性格がせっかちであるために、ゆっくり1つのことに取り組むことができないのです。そこでつい、「なんで字をきれいに書けないの」とか「こんな字は誰も読んでくれないよ」と子供を責めてしまう毎日でした。
毎日宿題の字を直させるのも疲れてきたので、ある日放っておいたところ、1文字だけきれいに書けている文字がありました。「この字はよく書けたね!」と言うと子供はとても嬉しそうにしました。もっと具体的に、この字はバランスが上手くとれていることや、「はね」や「はらい」がきれいに書けていたことを伝えると、次からどの部分に気を付けて書けば良いか少し分かってもらえたようでした。
それ以降も、決して美しい文字を書いているわけではありませんが、前よりはずいぶん読みやすい字を書くようになりました。できない部分を責めるより、今できる部分を認めてあげた方が子供も親の言葉を素直に受け止めやすいんだなと思いました。