コンテンツへスキップ

「マンション」と「一戸建て」のメリット・デメリット

新しく住居を購入するにあたり、「マンション」と「戸建て」のどちらにしようか迷ってらっしゃる方は少なくありません。それぞれには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。マンションのメリットは「管理を任せられる」ことです。共有スペースの清掃。また郵便物や宅配などを預かってくれるので助かります。一戸建てのメリットは、自分の好きなように改築したり、庭木を植えたり「自由自在」に家を運営できることです。デメリットにも目を向けてみます。マンションの場合、「建て直し」や「修繕」が必要となった時、居住者の賛同が一定数集まらないと実施することはできません。では、一戸建ての場合のデメリットは何でしょうか。まず、思い浮かぶのは「長期間の留守」です。外から見て、留守が判明してしまう場合、不用心です。同時にご近所に迷惑をかけてしまうことも考えられます。庭木の落ち葉が道路を汚してしまうことは、少なくありません。お隣が留守だと警備上の問題があると考える方もいらっしゃるようです。いずれも一長一短、完璧を望むことは無理です。それぞれのライフスタイルや生活感を鑑みて、迷いながら決めるしかなさそうです。