コンテンツへスキップ

注文住宅で新築の家に住もう

家を購入する際の動機としては、家族構成が変わり賃貸が狭くなった、家賃を払うよりは戸建に魅力を感じた、など色々あるかとおもいます。戸建といっても、中古住宅、新築、注文住宅などが挙げられます。中古住宅は新築、注文住宅に比べると安価に購入できる場合もありますが、リフォームなどのメンテナンスが必要だったり、前の住人好みの仕様が自分と合わなかったりということもあります。ここでは、新築の注文住宅について触れたいと思います。

家をエクステリアなど外観から内部まで自分の理想通りに建てることができればそれが一番の理想ですが、家は三軒建てないと理想通りにいかないと言われます。建築関係者ではない限り、住みやすい間取りや建築資材にことに精通していない方が多いかと思います。展示場をたくさん回っても、展示仕様で規格外の特注ばかりであったり、注文住宅を建てた家を見学して自分はこうしよう、と思っても実際建ててみるとなんだか違った、なんてこともあるのが家造りの難しいところだと思います。外観、内装だけでなく、施行業者選びや依頼を検討しているハウスメーカーの実績にも視野に入れて取り組むと、失敗のない家造りの近道ではないかと思います。